わたしのお客様は、アクセサリの物販系の方も多いのです。
物販系のお仕事をされている方から「ネット集客を強化したい」とお問い合わせがあったので、物販系のネット集客についてちょっと書いてみようと思います。

accs

物販は、競合多すぎですからね…

物販ってたいていのものはAmazonと楽天で買えちゃいません?またはzozotownとかの専門モール。
正直これらの存在が強すぎる&競合が多すぎるので、「アクセサリ」などの検索を使って独自サイト(ネットショップ、WordPressなどのサイト)にたどり着いてもらうことは、至難の業ではないでしょうか。無理ゲーに近いです。

となると、どうすればネット集客アップにつながるのでしょうか?

モールに出展する

minnne

minne Creemaなどのハンドメイド専門の販売サイトを利用するという方法があります。
出展料はかかりませんが、成約時に手数料が10%前後かかるしくみになっています。

メリットは露出が増える=新しい販売経路の拡大ができることではないでしょうか。
デメリットは、「ほかの作家さんと比較される環境にある」ため写真や商品自体のクオリティが高いものでないと売れにくいかもしれません。

デザインフェスタなどのリアルイベントで出展をする

デザインフェスタに関しては実際に出展したことがある方のお話を聞いたことがあるのですが、(キャンドルとか石鹸作ってた方だったと思う)期間中50万くらい売上があったそうです。こちらもメリットとしては新しい客層に出会えること。一期一会で終わってしまうことも多いかと思いますが、リアルで自分の全く知らないところで知ってもらえる貴重な機会ではないかと思います。

アメブロやSNSでファンを増やす

物販の方って、やっぱりここを一番重視してやっておいたほうがいいんだろうなー!!って思うのです。(こういうデザイン業もそうっちゃそうだね、検索で引っかかりにくいから)

人気のある作家さんはどの方もアメブロやSNSを上手に使って、認知度を上げてファンを増やして購入につなげているという印象があります。
今は特にFacebookやInstagramからのファンを増やしている方が多いのではないでしょうか。

なので、ブログ(WordPress)は「名前で検索される」ことが一番多い状態の方が多いのかな?
SNSではネットショップなどにリンクを張ってアクセスを促すなどのやり方で、商品を知ってもらうという流れがメインになると思います。

写真とスタイリングのクオリティーを上げる

商品自体は美しくても実物が見られないネットは、写真が勝負。
自然光が入る(Not直射日光)明るいお部屋で撮影が絶対条件です。(スマホ撮影はおすすめではありませんが、自然光の部屋で撮れば割とイケます)
また、写真がぼやけていたり、余計なものが写っているなどもNG。

他には、ネットショップのデザインを商品に合ったデザインに変えるというのも間接的には効果ありかな?と思います。

裏技:ニッチジャンルにトライする

幼稚園のお稽古バッグ専門店みたい(ニッチジャンルでもないですけど…)に特定のジャンルに絞る、取り入れるやり方はありかなと思います。
「金属アレルギーでも大丈夫なアクセサリショップなんて感じのものもいいですよね、金属アレルギーだけどアクセサリ付けたい方たくさんいそうですし。

 

結論:世界観とブランディングを整えてSNSで叫ぶ

これは物販だけでなくものづくり全般に関してだと思うのですが、その人や作品のセンスの良さにすべてがかかっている気がします。
こんな感じの世界です!こんな作品です!好きな人は買って!ってね。
でも誰もいないところで叫んでいても買ってもらえないので、SNSというツールを使って叫ぶ。

 

番外編:ホームページの役割は?

WordPressやらホームページをお持ちの方は、ポートフォリオとして利用されるとよいかなと思います。
アメブロからでは作品見るの面倒くさいし、ネットショップだとやはりショップは作品集って感じではありません。
ということで、ポートフォリオやギャラリーとしての活用がおすすめです。